Categorized under: 未分類

政治全体

僕は最高度の効率性と合理性を備えた(人件費を限りなくカットする)電子政府のビジョンを描けるような次世代の政治家を強く支持したいと思うのだが、

現段階の政治家は右も左もそこまでの先見性を持った人物はいないようである。

憲法改正含め自民党の政治全体に関して批判的なスタンスなのではないかと思いますが、僕は小沢一郎の思想や路線が自民党のそれと大きく変わるものではないと知ってからは、特に支持政党というものはなく、気楽に客観的なスタンスで批評していきたいと考えています。

ネットで良く言われる右翼や左翼の議論にも余り興味はありませんが、僕は基本的に自民党とは違う形の自由主義者に分類されると思います。

国家権力によって個人の自由や権利を制限しようとする憲法改正や社会制度改革を進める自由民主党は、経済活動は自由だが、政治活動は不自由という アンバランスで奇っ怪な自由主義に陥ってしまっていますし、国民個々人の生活実態に関心を失い階層化を肯定してしまっている辺りに懸念を感じています。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.