Categorized under: 未分類

コラーゲン量

成人の肌の悩みの要因は主にコラーゲンが足りないことであると考えられています。

肌の組織のコラーゲン量は年を追うごとに低下し、40代を過ぎると20歳代の時期の約5割程度しかコラーゲンを合成できなくなります。
保水力のあるヒアルロン酸が皮膚の真皮内で水分を豊富に保持する働きをしてくれるので、外部がいろんな変化や緊張感により乾燥を起こすことがあったとしても、肌は大きなダメージを受けずに滑らかないい状態でいられるのです。

コラーゲンが足りていないと皮膚表面が損傷して肌荒れが生じたり、血管内にある細胞が剥がれ落ちて出血につながるケースも見られます。健康維持のためには不可欠の成分と考えられます。

保湿への手入れを実行するのはもちろんのこと美白のための肌のお手入れも実行することにより、乾燥に影響される多々ある肌のトラブルの悪循環を抑え、とても有益に美白のお手入れが行えるはずです。

心に留めておいていただきたいのは「たくさんの汗が吹き出したままの状態で、いつも通りに化粧水をつけたりしない」ということなのです。汗とともに排出された老廃物と化粧水が一緒になってしまうと無意識のうちに肌にダメージを与えるかもしれません。

You must be logged in to post a comment.

RSSSubscribe to my feed now.