Categorized under: 未分類

眠れない

緊張型頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝りや首凝りが原因の肩こり頭痛で、「頭を締め付けられるような強い頭痛」「ズドーンと重苦しいような酷い痛さ」と言われています。
スギ花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻づまり、くしゃみ等)のために夜間しっかり眠れないと、それが素因になって慢性的な睡眠不足に陥り、翌日目覚めてからの活動に悪い影響を与えることもあるのです。
学校等の集団行動をするにあたって、花粉症の症状が原因で他の皆と同様に外で思いっ切り走り回れないのは、患者にとっても悲しい事でしょう。
汗疱(かんぽう)は掌や足裏、指と指の間などにちっちゃな水疱がみられる病状で、通称汗疹(あせも)と言われており、足裏に現れると水虫と混同されることがよくあるようです。
パソコンのチラつきを抑えるレンズの付いたPC専用メガネが特に人気を集めている要因は、疲れ目の低減に多くの人が挑戦しているからです。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂分泌の異常によって現れる湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす誘因としては男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの不均衡やナイアシンなどビタミンBコンプレックスの不足などが大きいと考えられているのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、人体の中の脂肪が占有している%のことを言い、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(キロ)÷体重(キログラム)×100」という数式によって把握できます。
健康を推進するWHOは、有害なUV-A波の異常な浴び過ぎは皮膚にトラブルをもたらす可能性が高いとして、19歳未満の男女がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使う行為の禁止を世界各国に提起している最中です。
常時肘をついた横向きの状態のままでTVを視聴していたり、片方の頬に頬杖をついたり、踵の高い靴等を毎日のように履いたりということは体の左右の均衡を悪くしてしまう誘因になります。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等の数値でモニタリングできますが、最近では肝機能が落ちている人達が徐々に増加傾向にあるそうです。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な場合でも起こることがあるためさほど珍しい心臓の病気とは限りませんが、短時間で発作が続いて発生するケースは危険な状態です。
30才から39才の間に更年期がやってきたとすれば、医学的には「早発閉経(POF)」という女性疾患のことを指します(我が国の場合は40才未満の女性が閉経することを「早発閉経(早期閉経)」と呼んでいるのです)。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、患者さんが「せき」をすることで空中に飛び散り、空気中にふわふわ漂っているのを誰かが呼吸の際に吸い込むことによって感染していきます。
「あまりにも多忙だ」「無駄な人との付き合いが嫌い」「テクノロジーや情報の著しい進歩に追いつくことで精一杯」など、ストレスがのしかかる元凶は一人一人異なります。
車の事故や山での滑落など、著しく強い負荷が体にかかった場合は、複数の部分に骨折が起こってしまったり、複雑骨折となったり、他の臓器が破裂することもあるのです。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.