Categorized under: 未分類

後発医薬品

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口腔からの出血ですが、喀血は咽頭から肺をつないでいる気道(きどう)から出血することで、吐血とは無腸間膜小腸よりも上の消化管から出血する状態を指しています。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに適している効果的な予防法や医師による治療など、このような基礎的な対策自体は、それが例え季節性インフルエンザでも新型インフルエンザでもほとんど変わりません。
ジェネリック医薬品は新薬の特許が失われてしまった後に購入できる、新薬と同一の成分で経済的な負荷を少なく抑えられる(薬の代金が少額の)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。
大体は水虫は足、こと足指の間に発症する皮膚病だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけではなく、全身どこにでも感染する危険性があるのです。
筋緊張性頭痛とは仕事や勉強などでの肩凝り、首凝り、張りが素因の日本人に多い頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような痛さ」「重いような痛さ」と表現されることが多いようです。
ともすると「ストレス」は、「溜めてはいけない」「除外すべきもの」と断定しがちですが、本当は、ヒトは様々な種類のストレスを感知するからこそ、活動していくことができます。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間でクッションのような役目をする椎間板(ついかんばん)という柔らかくて円い形をした組織が突出した状態の事を表しています。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内側が狭くなってしまって、血流が途切れ、必要な酸素や栄養が心筋まで届かず、筋線維そのものが機能しなくなる大変危険な病気です。
高血圧(hypertension)が長い間継続すると、全身の血管に重い負荷がかかり、全身至る所の様々な血管にトラブルが発生して、合併症になってしまう度合いが拡大します。
内臓脂肪型の肥満が診られ、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2項目以上該当する状態のことを、メタボリック症候群と名付けています。
脂溶性であるビタミンDは、Caの吸収をサポートする性能で知られており、血中のカルシウムの濃度を操作し、筋肉の働きを調整したり、骨を作り出してくれます。
スギの木の花粉が飛ぶ時節に、お子さんたちが体温はいつもと変わらないのにクシャミや水っぱなが止まる気配をみせない症状なら、その子は杉花粉症の可能性があるでしょう。
アルコールを分解する肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や脳梗塞といった非常に多くの生活習慣病の合併症の素因となる可能性があることをご存知でしょうか。
マスクが欠かせない花粉症とは、山林の杉や檜、蓬などの虫によって媒介されない花粉が原因となり、クシャミ・目の痒み・鼻づまり・鼻みずなどの憂うつなアレルギー症状をもたらす病気として広く認識されています。
自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を持たない一般の人にも使える医療機器で、AEDからの音声ガイダンスが指示してくれる通りに処置することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の治療の効力を患者にもたらします。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.