Categorized under: 未分類

首の凝り

内臓脂肪の多い肥満が診られ、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2個以上該当する状態を、内臓脂肪症候群と名付けています。
緊張性頭痛というのはPC使用などによる肩こり、首の凝り、張りに誘引される最も一般的な慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような激しい痛さ」「重いような耐え難い痛さ」と表現される症状が特徴です。
昨今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に対しての抵抗力の弱い人々が増加傾向にあることや、早合点のために診断が遅れることなどに縁る集団感染や院内感染が増加しているようです。
グラスファイバーで作られたギプスは、丈夫で重くない上に長期間使うことができ、シャワーなどで濡らしても壊れずに使用できるという特長があり、現在採用されるギプスの定番だと言われています。
植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている物質が、肝臓が分泌する解毒酵素そのものの正常な生産活動をサポートしているかもしれないという因果関係が明らかになってきたのです。
気が付くといつもゴロンと横向きのままでTVを見ていたり、長時間頬杖をついたり、ハイヒールなどをよく履くといった習慣は体の左右の均衡を悪化してしまう原因となります。
アルコールを無毒化する働きがあるナイアシンは、ゆううつな宿酔に効果的な成分です。ゆううつな宿酔の因子だといわれる酢酸アルデヒドという物質のクラッキングに力を発揮しています。
くも膜下出血(SAH)はそのほとんどが「脳動脈瘤」と言われる血管が変形してできたコブが破裂してしまうことが要因となって発症してしまう脳の病気だという知識を多くの人が持っています。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が満了してから約30日後には、市場の80%が後発医薬品に取って代わるような飲み薬もあるほど、ジェネリックは世界に浸透しているという現実があります。
自転車の転倒事故や作業現場での転落など、大きな外力が体にかかった場合は、複数の場所に骨折がもたらされてしまったり、複雑骨折となったり、更には内臓が損傷することもあるのです。
規則正しい穏やかな暮らしの保持、暴飲暴食しないこと、適切な体操など、古典的とも言える身体に対するおこないが皮膚のアンチエイジングにも関係しているといえます。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、人の体の中の脂肪が占めるパーセンテージのことで、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量(キログラム)÷体重(キログラム)×100」という式で算出することができます。
軽い捻挫だろうと決め込んでしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで適当に固定し、様子をうかがうよりも、応急処置が終わったらすぐ整形外科を受診することが、早く快癒させる近道に繋がります。
スギの花粉が飛散する1月から4月の頃に、小さなお子さんが体温は平熱なのに頻繁にクシャミしたりずっと鼻水が止んでくれない症状なら、『スギ(杉)花粉症』の可能性が高いかもしれません。
基礎代謝というものは人間が何もせずにじっとしていても燃えてしまうエネルギー量のことで、そのほとんどを様々な骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・大量の糖質を消費する脳が占めているのです。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.