Categorized under: 未分類

血流が停止

ちょっとした捻挫だと自己判断して、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどで適当に固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を済ませてから一刻も早く整形外科でレントゲンを撮ることが、結局は根治への近道に繋がるのです。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の内側の空間が細くなってしまい、血流が停止し、酸素や様々な栄養を心筋まで届けられず、筋繊維が壊滅状態になってしまう大変危険な病気です。
H17年2月から新たに特保の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の文句の記述が食品メーカーの義務となっている。
500以上もの働きを持つ肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、脳梗塞を代表とする色々な病気をもたらす恐れがあることをご存知でしょうか。
脳内にある5-HT神経は、自律神経を整えたり痛みを抑制し、あらゆる覚醒などを操作していて、気分障害(うつ病)の患者は機能が鈍くなってることが分かっている。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、正常ならばヒトを癌にさせない働きを持つ物質を分泌するための鋳型ともいえる遺伝子の不具合が原因でかかってしまう病気だと考えられています。
吐血と喀血、いずれも血を吐くことに変わりはありませんが、喀血とは喉から肺を繋いでいる気道(きどう、呼吸器のひとつ)からの出血のことで、吐血というものは十二指腸より上にある食道などの消化管からの出血のことを表します。
眩暈がなく、不愉快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを何回も発症する症例を区別して「蝸牛型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で診断する事例もあるそうです。
体脂肪量には変化が見られず、体重だけが食物の摂取や排尿等で一時的に増減するような時には、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減ったら体脂肪率が上昇します。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が原因で引き起こされる発疹で、皮脂の分泌が乱れる因子としては性ステロイドホルモンのアンバランス、ビタミンB群の慢性的な欠乏等が関わっています。
薬や酒に含まれるアルコール、科学的に合成された食品添加物等を特殊な酵素によって分解して無毒化する事を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓が果たす非常に重要な職責の一つであることは間違いありません。
緊張性頭痛はPC使用などによる肩こり、首の凝り、張りが誘因の最も一般的な頭痛で、「ギュッと締め付けられるような強烈な痛さ」「ドーンと重苦しいような酷い痛さ」と言い表されることが多いようです。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンにかわる新しい手段として、2012年9月から原則無料で接種できる定期接種として導入されるので、小児科などの医療機関で注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変わりました。
気分障害のうつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、気分の落ち込み、不眠、強い疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦り、意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の様々な症状が心身に現れます。
比較的若い世代で感染症の一種である結核に対抗するだけの免疫(抵抗力)の無い人たちが多くなったことや、早合点のために受診が遅れることによるアウトブレイクや院内感染が増加しているようです。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.