Categorized under: 未分類

脳梗塞

内臓が脂肪過多になっている肥満があり、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、高血圧(こうけつあつ)、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個以上に合致するような事例を、メタボ(メタボリックシンドローム)というのです。
多機能な肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、脳梗塞のみならず色んな生活習慣病の合併症の元凶となる可能性があるといわれています。Aに比べて波長が短いという特徴があるため大気中に存在するオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を傷つけてしまうなど、肌に悪い影響を与えることが明らかになっています。
細菌やウィルスなど病気をもたらす病原微生物が呼吸とともに肺の中へ入って感染した結果、左右いずれかの肺が炎症反応を起こした状況を「肺炎」と総称しているのです。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)の血糖値に関与しているβ細胞が破壊されてしまい、あの膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが出なくなることによって発病してしまうという種類の糖尿病なのです。
吐血と喀血、両方とも口腔から血を吐くことですが、喀血とは喉から肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器のひとつ)から出血する状態で、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上にある食道などの消化管から出血する症状を言い表しているのです。
お酒に含まれるアルコールやお薬、合成発色剤を始めとした食品への添加物等を分解し、無毒化する活動を解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓が果たす最も大切な務めのひとつです。
アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を悪化させたり突然変異を誘引する人体に悪影響を及ぼす物質を身体の中で解毒し、肝臓の性能をより強める力が分かっているのです。
ストレスが溜まっていくシステムや、手軽で有用な抗ストレス法など、ストレス関係の細かい知識を保有している人は、多くはありません。
ハーバード大学医学部の調べによれば、毎日2杯以上はデカフェのコーヒーを飲むと、驚くことに直腸がんの発生リスクを半分以上も減少させることができたそうだ。
グラスファイバー製のギプスは、大変強靭で軽量で長期間の使用に耐えることができ、水に濡れてしまっても使用できるという特長があり、現在採用されるギプスの中でも定番と言っても過言ではありません。
緊張型頭痛というのはデスクワークなどでの肩こり、首凝り、張りが原因の最も一般的な頭痛で、「まるで締め付けられるような痛さ」「重くてたまらないような酷い痛み」と言われます。
環状紅斑は環状、要するに円い形状の真っ赤な発疹など、皮ふ病の総合的な病名であり、その理由は余りにも多種多様だといえます。
収縮期血圧140以上の高血圧が長い間継続すると、血管に強い負担がかかった挙句、頭頂からつま先まであちこちの血管に障害が起こって、合併症を誘発するパーセンテージが高まります。
我が国における結核への対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に拠って推進されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは数多くある他の感染症と一緒に「感染症法」という名称の法律に基づいて実行されることとなりました。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.