Categorized under: 未分類

切符を拾える

前者でも、なんらかの手違いで成功の為の切符を受け取り損なうことも有るでしょうし、紛失することもあるでしょう。

後者でも、たまたま自分の靴の下に落ちていたり、ちょっと努力すれば切符を拾えることも有るでしょう。「お 前たちは少なくとも成功するチャンスがあったのだ。
君が成功出来なかったのは努力と運がなかったかだ。少なくとも日本は平等なんだよ」などという戯れ言は 格差社会を維持する為には必要なことですが、「日本は平等だ」などと本気で思っている人がいたら頭がおかしいか、闇金相談 金沢無知かのどちらかと思います。
インドなんかのように、ちゃんとカースト制の名残が有る方が、分かりやすくて気持ちいいです。日本のは陰険な腐った格差社会だと思います。
また、「努力や運に恵まれなかった人を救済する」なんてのは格差社会の象徴だと思います。底辺の不満を抑えつつ、なんとかこの社会を維持して行くのに必要だからです。社会主義も資本主義も平等ではないですよ。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.