Categorized under: 未分類

法律上の位置付けが曖昧

こういう類のニュースを見ているといつも思うのですが「法律上の位置付けがあいまい」とか「現状の道路交通法上では」みたいなことが理由で先に進んでいないみたいですけど、もうちょっとサクサクと進めないんですかね?

だって法律って人間が決めていることでしょ?人間が決めたんだから、人間が変えれば良いじゃないですか。法律上の位置付けが曖昧なら、かっちりとした法律上の位置付けを決めてしまえば良いんです。道交法が対応できないなら、道交法を整備すれば良いじゃないですか。なぜそれがネックになるのかが、おいらには全くもって理解できません。

仕事していても思うんですけど、契約書を交わす時に自分の会社の雛形を持って来て、「これは雛形なんで修正できません」って言う人がいます。ほんとね、アホちゃうかと。「雛形を決めたのは誰ですか?」って聞くと「当社です」って答えが返ってきます。追撃で「何で自分で決めた契約書を変更することができないんですか?」って聞くとたいていは黙っちゃいます。それに対しても「雛形なんで」って答えるおばかさんには、目の前で手書きで契約書書いて「これ、当社の雛形ですって言ったら文句無くサインしてくれます?」って言うと「だってこれはあなたが今書いたやつじゃないですか!」って怒る人もいますけど「だったら御社の雛形だって御社の誰かがいつか書いたやつでしょ?何で変えれないの?」ってまで言うと、やっと分かってくれる人が大半です。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.