Categorized under: 未分類

センセーショナルなタイトル

さらに、強制連行と並んで重要なのが「報酬を支払われていたかどうか」という点です。

支払われていなければ、SEX SLAVEというセンセーショナルなタイトルのごとく、まさしく奴隷です。もちろん給料を支払われていれば強制連行であっても問題無いというわけではありませんが、傍証の一つになるのではないでしょうか。

さて、その強制連行の部分ですが、記事でも触れられているように、これまでのところ「物的証拠が一切出てこない」という闇金相談 大阪状況のようです。むしろ親から売られたとか、人買い業者が仲介していたとか、給料を支払っていたという証拠しか出てこないそうです。とても象徴的だと思われるのは、日韓基本条約締結に至るまでの過程の中で「強制連行された従軍慰安婦に対する謝罪と賠償」を韓国側が一切求めていないという点です。今よりも記憶がはるかに新しく、存在するのであれば記録もはるかに多くあったはずの時代に、なぜ追及されなかったのでしょうか。日韓基本条約では、いち早く戦後復興を遂げた日本から少しでも多くの賠償金を得ようと、韓国政府はかなり徹底した調査と請求をしたと聞いています。この時に問題視されなかったことに対して疑念を覚えます。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.