Categorized under: 未分類

懇談会も大切でしょうが

普段とは違ったよそ行きの授業、生徒は借りて来た猫、そんな儀式めいた授業参観の茶番を、既に誰もが承知の筈です。

それでも、未だ、その茶番を 変えられないままでいる事へ、もっと疑問を抱くべきでしょう。
「のど自慢」出場、大いに結構です。労働者の権利です。どう有給休暇を過ごそうとも本人の自 由です。PTA総会や懇談会も大切でしょうが、それよりも先生の歌の応援に出掛ける事の方が、遥かに有意義だと思いますよ~♪
これまでの彼は、権力の側でも反権力の側でもない、身に覚えのない事件に巻き込まれた無実の第三者であった。
公権力の鼻を明かしてやりたいと望む人々に とっては、彼は格好の被害者であり、警察の加害責任を追及する上では、貴重な存在となっていた。彼へ向けられた多くの同情は、飽く迄も建前でしかなかった だろう。それ故に、彼の今回の自供は、多くの人々を落胆させたに違いない。  しかし、どうだろう…。真相は裁判の審議に任せるとして、一応、真犯人らしき人物が現れた事によって、漠然とした不安は解消されたように思う。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.