Categorized under: 未分類

銀行預金口座

平成10年12月のことである、総理府(当時)の外局として大臣をその委員長とした機関である金融再生委員会を設置し、金融監督庁(のちに金融庁)は平成13年1月の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管理下に2年以上もあったという事実がある。

西暦1998年12月に、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣をその委員長にすることとした新しい組織、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(金融庁)は2001年に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に3年弱位置づけられたことが多い。

覚えておこう、スウィーブサービスとは何か?通常の銀行預金口座と証券用の取引口座の間なら、株式等の購入代金、売却で得た利益が自動振替してくれるぜひ利用したいサービスである。同じ金融グループによる優良顧客囲い込み作戦です。

よく聞くコトバ、デリバティブについて。これまでの伝統的な金融取引だったり実物商品・債権取引の相場変動を原因とするリスクを避けるために発明された金融商品の名前をいい、金融派生商品と呼ばれることもある。

預金保険機構(アメリカ合衆国の連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人)が預金保護のために保険金として支払う実際の補償額は名寄 せ、融資の相殺がされた上で、1人あたり普通預金等の1000万円以内(決済用預金は全額)000万円以内(但し決済用預金は全額)”と規定されている。

預金保険機構に対しては日本政府及び日本銀行さらに民間金融機関全体の三者がが同じ程度の割合で

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.