Categorized under: 未分類

追求する方法

もっとも、再検証が始まる以前より、西岡力氏によれば、 「強制性が有ったということを認めてくれれば、後は韓国側でことを収めるから・・・」

という韓国側からの強力な圧力があった、ということなんですが・・・
もっとうまく、日本軍の責任を追求する方法があると、いつも思います。GHQの時代の、パンパンやオンリーも同じです。まあ、韓国の場合、国内世論対策がありますからね。 ヤミ金の相談国会への報告が明日(20日)らしいです。明日は朝、サッカーワールドカップの試合があるから、ニュースとしての扱いが極めてわずかなものになって、スルーされそうな気がする。
国会への報告、せめて1日ずらしてくれんかな・・・

「ぱり、ぱり!」 タイトルの「ぱり、ぱり!」って、フランスのパリのことではありません。(当たり前か・・・) 韓国語で「早く、早く!」という意味です。 つい先日起きたばかりの事故、いろいろ報道されてますが、国としての公式の報告書みたいなもの、出てないんじゃないですかね。
にも関わらず、もう裁判ですか。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.