Categorized under: 未分類

日本で4千回近く

いくら技術的アドバンテージがあっても立地条件では最悪でしょう。
2000年までの30年間に起きた震度5以上の地震の回数は

イギリスはゼロ、フランスは2回 ドイツは2回、アメリカでも322回に対して、アメリカの国土の十分の1もない日本で4千回近く起きています。
原発の発電コストが高いことは公開されている電力会社の試算表や設置許可申請書だけでも分かることで、大学の授業などでは学生にそれを調べさせますが、
そのような情報リテラシーを持たない人のために具体的な数字を書いておきます。
1990年以降に運転開始した新しい原発ですら、以下のようなものです。泊2号機(1991年) 14.3円女川2号機(1995年) 12.3円柏崎刈羽2号機(1990年) 17.72円柏崎刈羽3号機(1993年) 13.93円柏崎刈羽4号機(1994年) 14.24円柏崎刈羽5号機(1990年) 19.71円浜岡4号機(1993年) 13.87円志賀原発(1993年)  16.58円大飯3号機(1991年) 14.22円大飯4号機(1993年) 8.91円伊方3号機(1994年) 15.06円玄海3号機(1994年) 14.7円原発一基の発電量は100万kWhと言われますが、
稼働率から言えば60万kWh程度です。その原発一基を作る建設費は3千億円から5千億円です。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.