Categorized under: 未分類

クーデターが起こったら

それがいわゆる日米安保条約。 第一条(アメリカ軍駐留権) 日本は国内へのアメリカ軍駐留の権利を与える。駐留アメリカ軍は、極東アジアの安全に寄与するほか、

直接の武力侵攻や外国からの教唆などによる日本国内の内乱などに対しても援助を与えることができる。 第二条(第三国軍隊への協力の禁止) アメリカ合衆国の同意を得ない、第三国軍隊の駐留・配備・基地提供・通過などの禁止。 第三条(細目決定) 細目決定は両国間の行政協定による。
第四条(条約の失効) 国際連合の措置または代替されうる別の安全保障措置の効力を生じたと両国政府が認識した場合に失効する。 第五条(批准) 批准後に効力が発効する。
となっており、この条約は、外国の軍隊である米軍が、日本領土内に駐留できますよということ。
ただで駐留するのもなんだから、日本が他国から攻撃されたり、クーデターが起こったら助けてあててもいいよ。 (必ず助けるとは書いていない) 米軍以外の外国軍を入れちゃダメだよ。 ということしか書いていない。

Comments are closed.

RSSSubscribe to my feed now.